ダイエット情報満載!きれいラボ!

  きれいに痩せたい♪  

カロリー信仰のダイエットは、リバウンドしやすく、お肌もカラダもボロボロになってしまいます。

リバウンドも老化も起こさない健康的なダイエットのために、 痩せる、太るのメカニズムをきちんと理解しておくことが大切です。

きれいラボでは、ストレスをためず、美しく健康的に痩せるダイエット!をテーマにしています。 食生活やエクササイズ、リラックス方法等、ダイエット成功の秘訣をお届けします。

きれいラボ編集部

スポンサードリンク

動画でわかる! 呼吸筋トレーニング!

ダイエット情報満載!きれいラボ!

【  呼吸筋のトレーニング  】

動画でわかる!呼吸筋のトレーニング

呼吸は、身体に大きな影響を与える大切な機能ですが、「息苦しさ」を感じながら日常生活を送っている人も少なくないようです。

特に肺に問題がなくても、「少し動くだけで息苦しさを感じる。」「以前より駅まで時間がかかるようになった。」といった感覚がある人は、正しい呼吸ができていないのでは ... ?

ダイエットのための運動も、正しい呼吸で、新鮮な酸素が体いっぱいに取り入れられないと、ただ疲れるだけで、効果も半減してしまいます。

呼吸トレーニングで、胸部をやわらかくしたり、筋肉の力の抜き方を覚え、バランスの良い姿勢をすることで、呼吸筋がスムーズに動きはじめます。

 呼吸トレーニング

動画でわかる!パワーラングを使った呼吸筋のトレーニング

吸筋を鍛えるエクササイズの紹介です。
呼吸とは、大気中の空気から酸素を肺に取り込み、炭酸ガスを大気に排出することです。

最新ダイエット情報満載!きれいラボ!

でも肺は、自ら膨らんだり、縮んだりすることはできないため、呼吸筋が収縮・拡張する事で呼吸が円滑に行われています。

呼吸筋(こきゅうきん)は、肺全体を取り囲んでいる肺を動かす筋肉群のことです。

呼吸筋がきちんと働くことで、肺が動かされ、正常な呼吸が出来るようになります。つまり呼吸筋の状態で、呼吸の善し悪しが決まってくるというわけです。

をうまく吐くことができる人は、呼吸筋が柔らかく、肺をうまく動かし、十分に空気を吐き出すことが出来るため、吸い込む時に十分な酸素を取り込むことが出来ます。

逆にうまく吐き出せない人は、呼吸筋が硬く、肺をうまく動かせないため、肺の中の空気が吐き切れず残ってしまい、吸い込む時に十分な酸素を取り込むことが出来なくなります。

「呼吸筋が硬い!」と、酸素を上手に取り込めず、痩せにくい身体を作る原因になるのです。

し動いただけで息切れをしたり、呼吸困難感を感じたりしていては、良い呼吸筋とは呼べません。

呼吸筋のトレーニングで、胸部をやわらかくしたり、筋肉の力の抜き方を覚え、バランスの良い姿勢をすることで、呼吸筋がスムーズに動きはじめます。

胸をやわらかくしていけば、自然と呼吸は整えられ、より多くの酸素を体に取り入れることができるため、脂肪が燃えやすく、痩せやすい体質を作ることができます♪

呼吸筋エクササイズ

【目的】呼吸筋を鍛える
 
【部位】横隔膜・腹筋・内肋間筋・外肋間筋
呼吸 トレーニングとは?
呼吸は、内呼吸と外呼吸の2種類に大別できます。
【内呼吸】は、肺に入った酸素が、血液に含まれながら全身毛細血管にめぐり、すみずみの細胞にとどけられます。
酸素を受け取った細胞は二酸化炭素を排出します。この細胞でおこなわれる呼吸を内呼吸といいます。
【外呼吸】は、口や鼻から入った空気(酸素)が、全身をめぐってきた結果、二酸化炭素として排出されることを外呼吸といいます。
呼吸筋トレーニングは、外呼吸の為の筋肉と能力を鍛えることです。
 ※ 1度にたくさんの空気を、吸ったり吐いたりする能力を高めることができます。

ワーラングは、鼻、口、気管、気管支、肺、肺胞、横隔膜、助間筋など、多くの酸素を取り込む能力を向上させるトレーニングツールです。

パワーラングパワーラング

できるだけたくさんの空気を取り込む能力が向上すれば、筋肉により多くの酸素が届いて、脂肪燃焼効果持久力アップすることは想像できると思います。

その為に多くのアスリートは、長距離を走ったり、トップアスリートにおいては高地トレーニングなどを行います。

ですが長距離を走りすぎるとオーバークールで故障してしまったり、高地トレーニングに関しては、お金がかかりすぎて、一般の人には無理です。

こんな時はパワーラングパワーラングの呼吸筋トレーニングシリーズです。

一流のオリンピック金メダリストから、ウォーキング愛好者までレベルに応じて、3種類のものが用意されています。各シリーズとも負荷の調整がついていて使用者のレベルや体調などにも対応できます。

使用方法はたいへん簡単で、マウス部を口にくわえて、

息を吸う(3秒)一時停止(2秒)息を吐く(3秒)一時停止(2秒)

を繰り返すだけです。

目的に応じて、1日10回〜20回くらいを1セットで、数回おこなうことにより、呼吸筋の筋力アップや柔軟性が向上します。

呼吸筋トレーニングは、ひたすら走ったり、泳いだりすることなく、効果的に脂肪燃焼効果と持久力をアップさせる画期的アイテムです。

【エクササイズ実施における注意事項】
・エクササイズの最中、身体に痛みや異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・事故やケガ等についてはkirei-laboは一切の責任を負いかねます。
・自己管理の元、ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。

 
.
spacer.gif