ダイエット情報満載!きれいラボ!

  きれいに痩せたい♪  

カロリー信仰のダイエットは、リバウンドしやすく、お肌もカラダもボロボロになってしまいます。

リバウンドも老化も起こさない健康的なダイエットのために、 痩せる、太るのメカニズムをきちんと理解しておくことが大切です。

きれいラボでは、ストレスをためず、美しく健康的に痩せるダイエット!をテーマにしています。 食生活やエクササイズ、リラックス方法等、ダイエット成功の秘訣をお届けします。

きれいラボ編集部

スポンサードリンク

ヨガで痩せる!

ダイエット情報満載!きれいラボ!

最近、ホットヨガパワーヨガ、変わったところでは、フェイスヨガなど様々なヨガが、ちょっと人気のようですが、なぜヨガがダイエット良いのでしょうか?

ヨガダイエットセレブの間で流行したことがきっかけでブームが起こりました。 ヨガをするとリラックスできるだけでなく、身体と精神のバランスを整えることができ心身ともに健康になるからです。

ヨガでなぜ痩せられるの?

ヨガでなぜ痩せられるの?

ヨガには様々な種類があり、柔軟体操、健康法、ダイエットなどとして、それぞれの特性をいかして利用されています。

ヨガの効果は、柔軟性を高め、健康を促進し、理想プロポーションに近づける力を持っているといわれていますが、 なにより精神面との相乗効果が高いのが、ほかのダイエット運動と違った特徴といえます。

ヨガのすべてのポーズは、普段使わない体中のいろいろな筋肉を使うことになります。中でも「姿勢安定筋」を多く使うことになります。

この「姿勢安定筋」を鍛えることが、脂肪燃焼には欠かせない 遅筋 のトレーニングになるのです。ヨガの不安定なポーズをキープすることで、遅筋が鍛えられ、脂肪が燃えやすく、そして脂肪がつきにくい体質になります。

また、ヨガには姿勢をよくする効果があります。体の歪み取れることにより、不必要な筋肉への負担が減り、全身の血行がよくなり代謝アップするのです。

またヨガは、ゆったりとした動きのわりに運動量が多く、また独特な呼吸で、十分な酸素補給を行うため、ダイエットに向いているとされる理想的な酸素運動になるのです。

そしてヨガの本質は、意図的に呼吸をコントロールをして、心(マインド)をコントロールする、「瞑想により心を柔軟に保つためトレーニング」であるため、運動の終わった後は、えもいわれぬ爽快感に包まれるといわれています。 このココロの開放感が、ダイエットでの辛いストレスから開放してくれるのです。

このように、ヨガでのダイエットは、フィジカル(身体的)と、メンタル(精神的)のバランスを取りながら、エクササイズを行えるため、バランスの取れた、理想的なダイエットメソッドになるのです。

ダイエットならホットヨガ!

ダイエットならホットヨガ!

最近注目を集めている『ホットヨガ』ですが、他のヨガとの大きな違いがあります。それは、Lessonを行うスタジオの「温度」と「湿度」です。

気温38〜39℃、湿度60〜65%という、蒸し暑い室内でヨガを行うことにより、筋肉が伸縮しやすくなり、体の硬い人でも無理なく安全に柔軟性が増してきます。

さらに、ヨガの特徴である深い呼吸によって、新鮮な酸素をたくさん体内に取り入れ、有酸素運動を行うことで脂肪を燃焼しやすくなります。

また、普段使わない筋肉を様々なポーズで刺激することで、全身にしなやかな筋肉がつき、基礎代謝が高まります。

またレッスン中に多くの水分を摂りながらポーズをとる為、効率よく身体の水分循環が行われます。汗をかくことで、体内の老廃物が排出されるだけでなく、毛穴に詰まった汚れが排出され、みずみずしいお肌になるだけでなく、ストレス解消にも非常に役立ちます。

近年、食生活や生活習慣の変化にともない、エアコンがガンガン効いた室内で一日中過ごしたり、お湯張りせずシャワーだけでお風呂を済ませたりする人が多くなってきています。

この影響で、「20〜40歳前後の半数以上の女性冷えだと自覚している」という統計データがあるほど、冷えで悩んでいる人が非常に増えています。この体の冷えは、ダイエット面でも悪影響を及ぼしているといわれています。

ヨガで痩せる!

体温が1℃下がると「基礎代謝が12%」「免疫力が37%」「体内の酵素の働きが50%」低下すると言われ、体温が下がることによる、身体の変化は色々と報告されています。

ホットヨガでは、体を温めることにも重点を置いているため、冷えの解消も行い、ダイエットに効果的だと言われるのです。

また、ゆっくりと行われているヨガのポーズは、見た目以上に筋力を使います。それはヨガが、バリスティック(反動をつけて行う)と違って、筋肉が一番使われている状態で静止ポーズを行うためです。

これによって、インナーマッスルが鍛えられるので、新陳代謝が活発になります。また、血液の循環やリンパの流れもよくなるため、体の内側からもダイエットに効果的な訳なのです。

おうちヨガのやり方!

おうちヨガをするなら、基本的に食事前に行いましょう。 食後は胃に血液が集まっているので、燃焼率が悪く、ダイエット効果があがりません。

また、胃に内容物がある状態でやると、途中で気分が悪くなったりすることがあります。どうしても食後しか時間が取れない場合は、2時間以上経ってからにしましょう。

おうちヨガでは立ちポーズや、寝そべったポーズなど、様々な姿勢をとります。手軽におうちヨガを楽しむためにも、畳一枚分のスペースを確保しましょう。

服装は、ゆったりとした、伸縮性のあるウェアを着て行います。教室へ通う場合なら、ヨガウェアAD004を用意する必要がありますが、自宅で行う場合は必ずしも必要ではありません。

ストレッチ性の高い、動きやすい服装なら大丈夫です。自宅ヨガの、利点は人目を気にせず気楽に行えるということですから...

もちろん、硬い床の上で直接やるのはオススメできません。ヨガマットヨガマットなどを利用しましょう。ヨガマットを敷くことによって、足場がしっかりするのでポーズ全体が安定し、初心者でも簡単に、綺麗なポーズをとることができます。

畳やじゅうたんの上でやるときも、ヨガマットをお奨めします。なければ、バスタオルやブランケットを使って行いましょう。

リラックスできるBGMBGM をかけたり、お香を焚いたりして、メンタルな環境を整えるとさらに効果が上がります♪

厳選  ヨガ  解説サイト
キレイになるヨガ!  http://eonet.jp/health/exercise/...
ポーズ辞典  http://www.yoga.jp/pose/
ヨガポーズ一覧  http://www.yoga-station.com/yogaguide/...
フェイスヨーガ  http://diet.goo.ne.jp/member/feature/0609_no1/index.html...

法則そのヨガダイエットで、脂肪を寄せつけないカラダに!

ヨガは十分な酸素補給を行うため、ダイエットに向いているとされる、理想的な有酸素運動になるのです。 ダイエット情報満載!きれいラボ!
精神面との相乗効果が高いのが、ほかのダイエット運動と違った特徴です♪
遅筋 (ちきん) 

遅筋は、小さな筋肉でゆっくり収縮し、持久力のある筋肉で、たくさんの酸素を使うのが特徴です。

有酸素運動の時によく使われる筋肉で、その色から赤筋(せっきん)とも言われています。

遅筋は疲れにくい筋肉で、マラソン選手などはこの遅筋が大変発達しています。

遅筋を鍛えるには、小さい負荷で、たくさんの回数のトレーニングが効果的です。

遅筋には脂肪が、速筋には糖質が、エネルギーとして使われます。

ダイエット情報満載!きれいラボ!
運動のススメ!サイトマップ
ダイエット情報満載!きれいラボ!
.
spacer.gif