ダイエット情報満載!きれいラボ!

  きれいに痩せたい♪  

カロリー信仰のダイエットは、リバウンドしやすく、お肌もカラダもボロボロになってしまいます。

リバウンドも老化も起こさない健康的なダイエットのために、 痩せる、太るのメカニズムをきちんと理解しておくことが大切です。

きれいラボでは、ストレスをためず、美しく健康的に痩せるダイエット!をテーマにしています。 食生活やエクササイズ、リラックス方法等、ダイエット成功の秘訣をお届けします。

きれいラボ編集部

スポンサードリンク

ジョギングで痩せる!

ダイエット情報満載!きれいラボ!

運動を選ぶにしても、人それぞれ好みがあります。ウォーキングなどの軽いものから、ジムや水泳など、本格的なものまでさまざまな選択肢があります。

ジョギングはその中間に位置し、手軽にはじめられ、時間カロリー消費させられる運動として、選ばれることが多いダイエットトレーニングです。

ではジョギングダイエットの利点はどこにあるのでしょう?

ジョギングで、どのくらいのカロリーが燃える?

ジョギングで、どのくらいのカロリーが燃える?

ジョギングダイエットは安価で始められるのが、なによりものメリットです。 そのうえ、体重減らせるだけではなく、心肺機能が強化され、さらに、筋肉に刺激を与えることで体がキレイ引き締まります。

こういった点から、痩せるためだけでなく、健康増進や、アンチエイジングまたはメンタル面の安定を目的として、ジョギングを選択している方もたくさんいます。

また、ジョギングダイエットは脂肪燃焼効果高い点も長所として挙げられます。

ジョギングダイエットというのは「有酸素運動をする事によって脂肪を燃焼させる」効果を狙います。有酸素運動を続けると、血液中にある脂肪が体脂肪になる前に酸素と結合し、燃焼されることにより痩せていきます。

時速4km/hでウォーキングした場合と、時速7km/hで比較的ゆっくり走った(約120m/分)場合を比較してみると、ジョギングとウォーキングではジョギングの方がおよそ2倍程カロリー消費が多い計算になります。

ジョギングでの消費カロリーを、計算機を使わないで、おおまかな消費カロリーを計算するには、「体重×距離=消費カロリー」で割り出します。大会に出ることを目標にされているなら、きっちりとしたカロリー計算も大切ですが、ダイエット目的なら、ザックリとした計算で十分でしょう。

例えば、体重が50kgの人が5km走ったら、50×5で250kcalのカロリー消費ができたとなります。 250kcalを1ケ月続けると、約7500kcalの消費をしたことになり、理論上は1ケ月で、1kgの脂肪を燃焼したことになるのです。

消費カロリー目安(単位:1分)】
時速3km  散歩程度のゆっくりした歩き方  約2.7kcal
時速4km  通勤など普通の歩き方  約3.5kcal
時速6km  エクササイズスピード  約5.5kcal
時速7km  ジョギングなら  約6.3kcal
時速10km  ランニングなら  約8.8kcal

運動消費カロリーチェックはこちら≫≫

理想的なジョギングスピードは?

理想的なジョギングスピードは?

消費カロリーも多いですが、ウォーキングよりも少しハードなため、続ける事が難しいのも事実です。ではなぜ継続することが難しいのでしょう?

それは多くの人が、「早く走らなければいけない!」と思っているところです。

有酸素運動でカロリーを消費させ脂肪を燃焼させる為には、そんなに速く走る必要はありません。よく「心拍数が120〜130程度になる速度で...」などとも言われますが、あまり難しく考えなくとも、誰かと一緒に走ったとしたら、「普通に会話しながら走れる」程度のスピードで大丈夫です。

また、はじめから「ぜぇぜぇ」と息が切れるペースで走らなくても、最初は歩きぐらいの速度からはじめても、まったく問題ありません。

それよりも20分以上継続することのほうにポイントをおきましょう。

有酸素運動で効果を上げるには、運動スタート後20分は必要といわれていますから、ハイペースで走って10分で音を上げてしまうより、たとえゆっくりでも20分走り続けられるほうが効果があるんですよ♪

ランニングウォッチランニング用ウォッチなどで、心拍数や走行スピード・距離を計測しながら、自分のペースをつかんでいきましょう。

初心者の間は、自分が走れる距離が伸びていくのを実感するとやる気が出てくるので、距離が測れるというのはけっこうモチベーションアップのためには重要なんです。

また心拍計心拍計という付加価値があれば、オーバーペースのジョギングを防げるため、初心者の人にも安心です♪

靴選びだけは大切にして!

また、長く続けるためにはシューズ選びが最も大切です!
運動用シューズにも色々ありますが、ジョギングをするなら、ジョギング専用のシューズ を選ぶことが大原則になります。

ウォーキングでは体重の1.3倍程度の圧力が足にかかるといわれますが、なんとジョギングでは、体重の4〜5倍程度の圧力が足にかかるといわれます。当然かかる衝撃の度合いが全然違うため、への負担も大きくなります。

「とりあえず何でもいいや!」は絶対ダメ!擦れまめができたことがきっかけで、ジョギングから遠ざかるケースが多いのも事実です!

最初はただでさえ辛いのに、まして足の痛みに耐えて走るなんてことはまず不可能だからです。 1万円程度の出費は未来の自分への投資と考え、自分の足の形にあった、機能的な靴を選ぶことからはじめましょう♪

靴選びのポイントは、ジョギングシューズに限らず  「夕方」  に選ぶことです。

誰もが経験あるのが、夕方になると起こる、足(脚)のムクミ。 パンパンになるまでいかない人でも、やはり1日動き回っているとサイズは変わっています。

夕方の状態でピッタリのサイズの靴を選べば、長時間履き続けても、足を痛めることは少なくなります。 あとは自分の気に入ったデザインやカラーを見つけてください♪

健康のために始めるジョギングなのに、体に故障を起こしたり、怪我しては意味がありませんから...。

ジョギングをしている人の多くが、
「さわやかな空気や、いつもと違う視点から景色を眺める新鮮感など身近な発見があります!」
「走るうちにカラダも変わり自信がつきました!」
「大会等を通じてお友達ができることなども魅力です♪」
「走る事で得られる爽快感や達成感がおどろくほどメンタル面にも良い影響を及ぼしました♪」
...などの感想を口にします。

どうやらジョギングは、ダイエットだけでなく、ココロもカラダも本当の意味で健康になれるスポーツのようです。^^

法則そのジョギングで肥満解消・基礎代謝を上げる!

ウォーキングにまさる高い脂肪燃焼効果!心肺機能のアップ、血圧の安定やストレス解消など健康面で様々な効果も... ダイエット情報満載!きれいラボ!
さわやかな風を感じながら、くじけがちのダイエットのメンタル強化に!
ダイエット情報満載!きれいラボ!
運動のススメ!サイトマップ
ダイエット情報満載!きれいラボ!
.
spacer.gif