ダイエット情報満載!きれいラボ!

  きれいに痩せたい♪  

カロリー信仰のダイエットは、リバウンドしやすく、お肌もカラダもボロボロになってしまいます。

リバウンドも老化も起こさない健康的なダイエットのために、 痩せる、太るのメカニズムをきちんと理解しておくことが大切です。

きれいラボでは、ストレスをためず、美しく健康的に痩せるダイエット!をテーマにしています。 食生活やエクササイズ、リラックス方法等、ダイエット成功の秘訣をお届けします。

きれいラボ編集部

スポンサードリンク

ウォーキングで痩せる!その1

ダイエット情報満載!きれいラボ!

近年、「ダイエットのために運動をはじめたい!」「メタボ改善したい!」という方が急増しています。そして、男女問わず幅広い年齢層の方々の意識が、健康に向かっています。

中でも、ウォーキング(歩く)は、健康効果高い運動療法として最近注目されています。
ウォーキングを継続すると、ダイエットに効果があるだけでなく、心肺機能のアップ、血圧の安定やストレス解消など健康面で様々な効果があるといわれています。

正しい姿勢で歩くことで、体のゆがみを正し、内臓の機能をアップさせてくれます。 さらにうれしいことは、特別なこだわりを持たない限り、ごくわずか費用で今すぐはじめられるところです♪

ウォーキングで痩せる!

ウォーキングで痩せる!

ダイエットにはジョギングのような激しい運動だけが効果的というわけではなく、ウォーキングのような軽い運動でも、習慣として続けることで効果を期待できます。

毎日忙しくてウォーキングの時間をとれないという人は、1駅前で降りて会社まで歩いたり、意識してバスや車に乗らず、歩けるときに歩くだけでも、毎日続けることで1年を通すとかなり違ってきます。

また健康のために始めるウォーキングなのに、体に故障を起こしたり、ヘトヘトに疲れて翌日の仕事に支障をきたすなどはもってのほかです。

ウォーミングアップクールダウンもきちんと行いましょう。また歩き方が悪いと肩こり、頭痛などの原因にもなりますので、正しい歩き方、効果的な歩き方を身につけましょう。(ウォーキングで健康づくり

ウォーキングで肥満解消・基礎代謝を上げる!

まずウォーキングには、脂肪燃焼効果とともに、基礎代謝アップして太りにくい体質になるというメリットがあります。

基礎代謝量とは、人が生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことで、脳や心臓の活動、呼吸などに使われているエネルギーのことを指します。

この基礎代謝は加齢とともに衰えてきますので、年とともに、使いきれなかったエネルギーが脂肪となって蓄えられているのです。中年になって急に太りだす人が多いのはこのためなのです。

ウォーキングで肥満解消・基礎代謝を上げる!

またウォーキングをすることで、血液の循環がよくなり、体のすみずみにまで血液が送られるようになります。すると、あらゆる細胞がエネルギーを消費するようになり、基礎代謝量は自然に上がります。

このことで、使われずに残った、脂肪になるはずのエネルギーは基礎代謝として使われ、無理なくシェイプアップできるというわけです。

ウォーキングを行う時間帯は、ダイエットが目的であれば、夕食後が効果的です。夕食で摂りすぎたエネルギーは、睡眠中に蓄積されてしまうため、寝る前に余分なエネルギーを消費しておいたほうがいいのです。

ただし、食後すぐの運動は胃に負担がかかるため、食後1時間以上時間をあけてから運動を始めましょう。

ウォーキングは有酸素運動ですので、20分以上は継続して行いましょう。1時間程度継続できると理想的です。

また健康のために始めるウォーキングなのに、体に故障を起こしたり、怪我しては意味がありません。ウォーミングアップはきちんと行いましょう。

ウォーキングで、どのくらいのカロリーが燃える?

ウォーキングは、ジョギング・マラソン・水泳など、他のスポーツと比較すると消費カロリーは少ない方だと言われています。

じゃあ、「消費カロリーが少ないのだから、ダイエット効果はないんじゃないの?」と疑問に思う人はいませんか?

ハードな運動の場合、多くのカロリーを消費を期待できますが、多くの人は短時間ですぐにバテてしまうため、期待するほど消費カロリーは多くできないのです。

またハードな運動の場合、ケガの心配が常にあります。持病を持っている中高齢の人だと、突然死なんてことも考えられます。

反面、ウォーキングの場合は、短時間で多くのカロリーを消費することはできませんが、長時間続けることが可能です。

体調が良いときなら、ジョギングに切り替えて、よりたくさんの脂肪燃焼も可能です。体力・年齢・体調などによって体への負荷を調節することが可能です。

ウォーキング消費カロリー目安(単位:1分)】
時速3km  散歩程度のゆっくりした歩き方  約2.7kcal
時速4km  普通の歩き方  約3.5kcal
時速6km  エクササイズスピード  約5.5kcal
(※参考)  時速7km  ジョギングなら  約6.3kcal

時速6km  のエクササイズスピードで、30分歩けば165kcal  カロリーですから、ご飯1膳分のカロリーを消費できる計算になります。

運動消費カロリーチェックはこちら≫≫

さらにもう一つ大切な事!ウォーキングは、片方の足が、かならず地面に触れているので、腰やひざへの衝撃度も体重の1.1〜1.2倍程度で済みます。だから、体重が少し多めの方にも負担が少なく、安心して始めることができるのです。^^


法則そのウォーキングで肥満解消・基礎代謝を上げる!

ダイエット効果だけでなく、心肺機能のアップ、血圧の安定やストレス解消など健康面で様々な効果も... ダイエット情報満載!きれいラボ!
1日30分のウォーキングで、ご飯1膳分のカロリーダウン♪
ダイエット情報満載!きれいラボ!
運動のススメ!サイトマップ
ダイエット情報満載!きれいラボ!
.
spacer.gif