ダイエット情報満載!きれいラボ!

  きれいに痩せたい♪  

カロリー信仰のダイエットは、リバウンドしやすく、お肌もカラダもボロボロになってしまいます。

リバウンドも老化も起こさない健康的なダイエットのために、 痩せる、太るのメカニズムをきちんと理解しておくことが大切です。

きれいラボでは、ストレスをためず、美しく健康的に痩せるダイエット!をテーマにしています。 食生活やエクササイズ、リラックス方法等、ダイエット成功の秘訣をお届けします。

きれいラボ編集部

スポンサードリンク

ヨーヨーダイエットを防ぐ!運動5つの法則!

re bo
un d
ダイエット情報満載!きれいラボ!

ヨーヨー現象を招かない為にも、毎日の運動は不可欠です!

ダイエットのために運動を始める人は、「毎日頑張れば、かなり体重も落ちるはず!」と期待が大きいはずです。

でも、今まで運動から離れていた人が多く、イメージ通りにはなかなか長続きしません。

運動することに、筋肉が慣れていないため、すぐに疲れがたまりやすく、運動をすることが苦痛に感じてしまうのです。

続けようと思っていても、筋肉痛などの理由から、なかなか運動を継続させることができない人が多いのです。

ヨーヨーダイエットにならない運動のヒント!

ヨーヨーダイエットにならないための7つの法則!の 【4】  で、運動を必ずダイエットメニューに取り入れることをお話しましたが、ここでさらに詳しく解説してみます。

ヨーヨー現象を防ぐ運動5つの法則!

おうちで簡単にできる、ダイエットのための運動の種類は、大きく分けて3つに分類されます。

【有酸素運動:歩行】

【筋力トレーニング:ダンベル】

【ストレッチング:柔軟体操】

これらの3つの運動を組み合わせて行うことで、筋肉を作り、カロリーを消費することができます。

ヨーヨーダイエットにならないための運動5つの法則!
1:  何かをしながら室内で運動する。
2:  歩く習慣(ウォーキング)をつける。
3:  階段を使う習慣をつける。
4:  ストレッチングでもカロリーを消費できる。
5:  入浴でもカロリーを消費できる。

はじめは、ダイエットで体重を落とすという感じではなく、「少しくらい食べ過ぎても太りにくいカラダ作り」を目標にスタートしてみましょう。

そして徐々に体が慣れて、体力がついてきた時点で、本格的なトレーニングをスタートさせると失敗しにくいと思います。以前よりも少し筋肉が大きくなってきているので、体が軽く感じられるはずです。

1:  何かをしながら室内で運動する。

何かをしながら室内で運動する♪

★ たった10秒間の工夫を、普段の生活に取り入れるだけでも、簡単に運動効果が上がります!

テレビを見ながらや、料理や洗濯など家事をしながらなど、何かをしながら、さりげなく運動効果をプラスする運動方法なら、「何をやっても長続きしない…」という三日坊主の人でも大丈夫!

運動を長時間行わなくても、たとえ10分単位でも、1週間あたりトータルで60分以上行うことで、健康やダイエットに効果があるということがわかってきています。

1つ1つはちょっとした動作でも、できるだけエネルギー消費量を積み重ねることで、筋肉を眠らせず、余分な脂肪を燃やすことができます。

少ない運動時間でも、積み重ねればかなりの運動量になり、たくさんのエネルギーを消費することができます。

”ながら筋トレでちりつも”ダイエット!

2:  歩く (ウォーキング) 習慣をつける。

★ ウォーキングは、体脂肪の燃焼効果とともに、基礎代謝量をアップさせ、太りにくい体質にしてくれます!

ジョギングのような激しい運動だけがダイエットに効果的というわけではなく、ウォーキングのような軽い運動でも、習慣として続けることで効果があがります。

毎日忙しくて、ウォーキングの時間がなかなか取れないなら、1駅前で降りて会社まで歩いたり、近くのコンビニなら歩いて行くなど、意識して歩く機会を作ることで、1年を通すと大きな差ができてきます。

ウォーキングを行う時間帯は、夕食後に軽く歩くのが特におすすめです。夕食で摂りすぎたエネルギーは、睡眠中に脂肪として蓄積されてしまうため、寝る前に余分なエネルギーを消費しておいたほうが効果的です♪

ウォーキングで痩せる!

3:  階段を使う習慣をつける。

階段を使う習慣をつける♪

★ 「運動が大切なのはわかっているけど、時間がないし…」そう感じている人にピッタリの運動が『スローピング』。

階段や坂道といったスロープ(傾斜地)を利用して、短時間で効率よく運動効果をあげようというものです。

平地を歩くのと比較しても、階段の昇り降りや坂道では、足腰の筋肉に大きな負荷がかかります。ゆるやかな坂道でも、平地の2〜3倍もの運動強度になります。

階段の昇降などは、カロリーを消費するだけでなく、大きい筋肉を鍛えることができるため、何もしなくても消費するカロリー(基礎代謝)を効率的に上げることができます。

国際スローピング協会の、奈良岡治成氏の著書『スローピング完全入門―ウォーキングより3倍効果的! 』 では、さまざまなスローピング方法が紹介されています。

ふだん使わない足の筋肉を強化できる、後ろ向き歩行の紹介や、足腰をしっかりきたえたい人向きの5段活用法、高齢者など足腰の弱い人には1段活用法など、自分の気力や体力に応じて、色々な運動方法を選ぶことができます。

4:  ストレッチングでもカロリーを消費できる。

★ ストレッチングの効果は、関節を柔らかくしたり筋肉をほぐすだけでなく、全身の代謝を上げ、エネルギー消費量をアップしてくれます。

ストレッチングでもカロリーを消費できる♪

これといった特別な道具も要らないため、ちょっとした時間に場所を選ばずにできます。日頃から運動不足で、「運動はどうも苦手...」という人でもすぐに始められます。

リラックスして体の筋をゆっくりと伸ばし、筋肉の中にあるセンサーを刺激することで、血行がよくなり、酸素の取り込み量が増えることで、代謝(脂肪燃焼)がアップします。

太ももの裏側、お尻周り、ふくらはぎ、背中の筋肉など、多くの筋肉をストレッチすると、基礎代謝がグングン高まります!

ストレッチで簡単筋力アップ!

5:  入浴でもカロリーを消費できる♪

★ 湯船にゆっくりとつかるだけで、基礎代謝アップの運動になるんです。体温を1℃上げると、基礎代謝が約12%上がるといわれています!

お風呂の役割は、体の表面の汚れを落とすだけではありません。半身浴などは、ダイエッターの定番テクともなっていて、体を温めて代謝を上げ、太りにくい体へ導いてくれるのです。

シャワーだけだと体の表面しか温まらないので、湯船にきちんとつかりましょう。

入浴でもカロリーを消費できる♪

浴槽でお湯につかることで、筋肉の緊張がほぐれ血管が拡張します。その温まった血液が全身を巡ることにより、体温を上げ、脂肪燃焼効果を狙うものです。

なんと高温反復浴では、1回の入浴で200〜300Kcal消費するとも言われています。

入浴だけで基礎代謝アップになる!


ダイエット情報満載!きれいラボ!
.
spacer.gif