ダイエット情報満載!きれいラボ!

  きれいに痩せたい♪  

カロリー信仰のダイエットは、リバウンドしやすく、お肌もカラダもボロボロになってしまいます。

リバウンドも老化も起こさない健康的なダイエットのために、 痩せる、太るのメカニズムをきちんと理解しておくことが大切です。

きれいラボでは、ストレスをためず、美しく健康的に痩せるダイエット!をテーマにしています。 食生活やエクササイズ、リラックス方法等、ダイエット成功の秘訣をお届けします。

きれいラボ編集部

スポンサードリンク

便秘解消でストレス度DOWN!その3

ダイエット情報満載!きれいラボ!

ストレスは便秘の原因になるのでしょうか?ストレスを感じていることと、便秘はどう関係しているのでしょうか?

生まれつき便秘の人はいません。便秘になるからには、何かしらの原因があります。

ストレスから便秘になり、そしてその便秘がまたストレスになり...という悪循環を繰りしている人が増えてきています。

また、スリムになるために行うダイエットも、無理に行うと、おなかの張りのと便秘の原因になってしまいます。 極端に食事量を減らすことで食物繊維の摂取量が減り、便が排出されにくくなります。

便秘になった原因をきちんと把握し、便秘の原因を取り除くことで、ダイエットの成功率も格段に上がってきます。

ストレスで悪玉菌がふえる?!

大腸には約200〜300種類ぐらいの細菌がつねに100兆個も住みついていることがわかっています。

善玉悪玉、そしてどちらにも属さない日和見(ひよりみ)の3種類で、健康な状態ではバランスをとって、存在しています。

ストレスで悪玉菌がふえる?!

【善玉菌】  身体にやさしい細菌で、ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌が代表的です。

【悪玉菌】  腐敗物質や発がん物質を生み出すなど、悪さが大好きで、大腸菌、ウェルシュ菌などがあります。

【日和見菌】  健康な状態ではおとなしいのですが、腸内バランスが崩れた際、悪玉菌が優勢になってくると、悪玉菌の働きに加勢する細菌です。

健康な腸の状態では、善玉菌が20%、日和見(ひよりみ)菌が60%、悪玉菌が20%くらいの割合だといわれています。

悪玉菌が増殖すると、腐敗物質を増産するため、ガスの充満をおこし、さらに便秘がひどくなる悪循環をもたらします。

NASAの研究では、ストレスにより悪玉菌増えるという結果が出ていて、宇宙に飛び立ったときの宇宙飛行士の腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を調べたところ、腸内細菌叢が大きく乱れ、悪玉菌が増えていたことがわかっています。

NASAの研究

つまり、大きなストレスがかかると、悪玉菌が増えるというわけです。

ほかにも、マウスなどの動物実験でも、ストレスと腸内細菌叢の関連性は証明されています。

ストレスにさらされている人は、食生活に気を配っていても、悪玉菌が増えてしまい、便秘を悪化させてしまうというわけです。

また、ストレスで大腸が痙攣を起こした場合、男性では下痢が多いのに対し、女性では便秘の症状が多く報告されています。

ストレス便秘度チェックはこちら≫≫

便秘を招く間違いだらけのダイエットはコレ!

メディアの発達がめまぐるしい今日、テレビなどで「私はこのダイエット法で痩せた!」という特集が取り上げられると、あっという間にそのダイエット法が話題になります。 例えばバナナや寒天など、放送終了後には飛ぶように売れ、スーパーではすぐ品切れ状態になってしまいます。

しかしそれもほんのしばらくの間だけ...。 しばらくすると、あれほどあちこち駆け回って探していた食材も、また何ごともなかったかのように、整然とスーパーの棚に並んでいます。

怖いのは、そのダイエット法がしっかりと検証されるわけでもなく、次から次へと目新しい方法が紹介され、情報だけに振り回されているところです。

間違ったダイエット方法は、便秘など腸のトラブルを引き起こしてしまいます。一見正しいダイエットに思える方法の中にも、意外な落とし穴が...

食事制限ダイエット】

食事制限ダイエットは禁物!

朝食抜きダイエットや、1回の食事量を極端に減らす、食事制限ダイエットは禁物です。まず、朝食抜きは便意のリズムを乱す大きな原因になります。

また食事の絶対量が減ることで、当然ながら便になる食物繊維の量も減り、体外に排出されにくくなり、便秘を招きます。

便秘が続くと、腸内で悪玉菌が優勢になり、有害物質が発生し、肌荒れや体調不良の原因ともなります。

抜きダイエット】

水にカロリーはありません!

水太りする事を嫌って、水分を減らすダイエットをする人がいますが、水にはカロリーがないため太ることはありません。

ダイエット中は、食事から摂取できる水分量が減少していますから、更に水分補給まで控えてしまうと便秘の原因になります。

また、食物繊維をたくさんとっていても、水分を補給しなければ、逆効果になります。 食物繊維は便に水分を抱えることで、便のやわらかさを保ち排出しやすくなるのですが、水分量が少ないと逆に硬い便になり、便秘の症状を悪化させてしまうのです。

ダイエット中は、特に意識して水分は摂るようにしましょう。 特に、朝おきがけの水は胃腸を刺激し、便意を促してくれます。

野菜ダイエット】

栄養バランスも大切!

ダイエットに野菜がいいとなると、野菜中心になってくるのですが、その時に注意したいのが栄養バランスの問題です。

野菜サラダによく使われる、トマトやレタス・きゅうりといったものには、便秘を防ぐのに役立つ食物繊維が思うほど多く含まれていません。生野菜に海藻やキノコ・オクラなど、水溶性食物繊維を多く含む食品を、トッピングして食べるようにしましょう。

また、野菜ばかりに偏ると、体に必要な栄養素が補給できなくなり、胃腸はもちろん、体の働きも低下してしまいます。

たんぱく質や、多少の脂質もダイエットには欠かせない栄養成分です。バランス良く食事をとるように心がけましょう。

便秘ダイエット

便秘薬に注意!

スリムな体型を早く手に入れたい為に、便秘薬を使用する女性も多いようです。 確かに、多くの便秘薬は、すぐに症状を改善してくれるので、一見細くなるための近道のように思えます。

体重を減らすためや、ポッコリお腹をへこませるために、便秘を使って無理やり便を出す方法は、自分で腸の機能を衰えさせているようなもの。

便秘でもないのに、日常的に刺激性便秘薬に頼っていると、腸がだんだんと刺激に慣れ、薬を飲んでも便意を感じなくなります。

また、便秘薬の使用で、体に必要な栄養素まで排泄することになってしまいます。 ダイエットのためだけに便秘薬を使うのは、絶対やめるのが賢明です。

引き締まったスリムなボディを、早く手に入れたい気持ちはわかりますが、たとえ見た目が細くなっても、健康的に痩せることは不可能です。

間違いだらけのダイエットを卒業して、体重を落とすだけでなく、身体の中から健康的にキレイにやせましょう。

便秘解消の十か条!

便秘は食生活やストレスなど様々な原因によって起こっています。

そこで便秘解消するための、具体的な10か条をご紹介します。

【★便秘解消10★】
1.  朝に起きたらすぐに、200cc程度の冷たい水(お茶)や牛乳をのむ習慣を...
2.  朝食を必ず食べる。
3. 1日3食きちんと食べ、便の絶対量を増やす。
4.   1日1500cc以上の水分補給を心がける。
5.  水溶性食物繊維を多く含む食品を摂る。
6.    ビフィズス菌等など善玉菌を食品を摂る。
7.  便意が起こったら迷わずトイレへ行く。
8.  腹式呼吸で、横隔膜や腹筋も強化する。
9.  腹筋運動やお腹マッサージを取り入れる。
10. 極力便秘薬に頼らないようにしましょう。

【※注意

便秘のタイプ(IBSなど)によっては、逆効果になる場合もありますので、自分の便秘のタイプを把握してから、自分に合った便秘解消法を実践してください。


法則その便秘解消がダイエットの成功率をあげる!

ストレスから便秘になり、そしてその便秘がまたストレスになり...という悪循環になる!
  
ダイエット情報満載!きれいラボ!
便秘の種類もいろいろ!自分の便秘タイプを知ろう! !
ダイエット情報満載!きれいラボ!
.
spacer.gif